ネット広告で店舗に集客

ネット広告を利用するには、まずはホームページやブログなどの店舗の情報を掲載しているサイトが必要になります。

まだ サイトを持っていない方は こちらを参考にして下さい。

ホームページで店舗集客しようと思っても そもそも ホームページに集客できないと 店舗には集客できません。

だから 情報を更新してホームページに集客する必要がありますが、そんなに更新する情報が無いですよね。

SEO対策といって 検索エンジンから集客する為の対策もありますが、専門家でなければ 難しいですし、やはりSEO対策をする為には、ホームページの更新は必要不可欠になります。

ホームページを作っても 簡単に ホームページに集客する事は、出来ないって事なんですね。


でも 大丈夫 ネット広告を使って ホームページに集客する方法があります。

ネット広告とは、ネット上で集客してくれる広告の事です。

ネット広告には、いろいろな種類があるので 簡単に説明します。

ネット上の広告としては、PPC広告・サイト広告・アフィリエイト広告・メルマガ広告などがあります。


PPC広告とは、YahooやGoogleなどの大手検索サイトの検索結果に表示される広告です。

キーワードを決めて そのキーワードで検索された結果に広告が表示されます。

その広告をクリックしてホームページに誘導したら費用が発生する広告です。

広告費については、クリック単価と1日につかう広告費を決める事ができるので 自分でコントロールする事が出来ます。

PPC広告の場合は、数千円からでも利用が出来るので 一番簡単にできるネット広告です。

キーワードの選定方法ですが、店舗集客の場合は、サービス以外にも地名などを入れた方が よりお客様を絞る事ができるので 無駄な広告費を使わないですみますね。

さらに PPC広告の場合は、地域をある程度絞って 広告を掲載する事も出来るので 周辺の方のみに広告する事も出来るんですね。


サイト広告とは、他のサイトに広告を貼ってもらう方法です。

地域のお店を探すためにお店をまとめて掲載されているサイトがありますので 関連するサイトに広告を貼る事で集客ができます。

他にも地域の情報サイトの場合は、広告枠などがあれば広告を掲載したりする事もできます。

広告枠が無くても 関連性の高いサイトに直接 広告掲載の話をする事も出来ますね。

自分のお店に関連する情報をネットで探せば いろいろなサイトを見つける事が出来ますよ。


アフィリエイト広告とは、ネットの広告業者に依頼して ネットの広告業者と提携している、いろいろなサイトで広告を表示してもらえる方法です。

アフィリエイト広告の場合は、地域を絞る事が出来ないので 店舗集客の場合は、あまりおすすめ出来ない広告方法です。

ネットで商品を販売しているのであれば 利用してみてください。


メルマガ広告は、メールでたくさんの方に広告をしてくれる方法です。

基本 不特定多数の方がターゲットなので店舗集客には、向いていない広告方法です。


店舗集客の為に使えるネット広告は、PPC広告とサイト広告ですね。

もし 広告しても 店舗集客が増えない場合は、ホームページに問題がある場合があります。

データをきちんと取って 結果が悪ければ ホームページの内容を吟味する必要がありますね。